--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.18

みうらじゅんを知る(その7)

 「漱石山脈」という言葉があります。
 頻繁に使われる言葉ではありませんが、夏目漱石とその巨大な存在に連なるように位置する彼の弟子たち(芥川龍之介、内田百、寺田寅彦等)をひっくるめて言い表す時に使われることがあります。
 みうらじゅんの場合。
 ま、さすがに「みうらじゅん山脈」とは申しませぬ。オーソドックスに言えば「みうらじゅん大陸」でしょうし、更にくだけてみるならば「みうらじゅんと愉快な仲間たち」(その意味では「漱石と愉快な仲間たち」というのはナシでしょうけれど)。
何はともあれ、彼の活動、特にマイブームを通じての人の繋がりまで含めていくと、驚くほどの人脈の広がりが視界に入ってきます。以下、その主だった人々。それぞれがそれぞれにみうらとの繋がりは深いのですが、ひとまずひとこと紹介で。

 安斎肇(イラストレーター/「勝手に観光協会」の相方)
 伊集院光(タレント/<ザ・会議室>や<D.T.>をみうらと共著)
 泉麻人(コラムニスト/みうらが「IZUMIN」名義のCDをプロデュース)
 糸井重里(コピーライター/みうらを漫画雑誌<ガロ>編集部に紹介し、みうらのデビューのきっかけを作る。最近も糸井が主宰するインターネット・サイト<ほぼ日刊イトイ新聞>にみうらは頻繁に登場している)
 いとうせいこう(クリエイター/「ロックンロール・スライダーズ=<ザ・スライドショー>」の相方)
 奥村チヨ(歌手/マイブーム・ネタ。後にCDをプロデュースする)
 清水ミチコ(タレント/「ゆるキャラショー」等で共演)
 高見沢俊彦(歌手/みうらが会長を務める興福寺「阿修羅ファンクラブ」の公式ソングを作曲)
 田口トモロヲ(俳優・映画監督/みうらの原作による映画<アイデン&ティティ>と<色即ぜねれいしょん>を監督)
 タモリ(タレント/<タモリ倶楽部>等でしばしば共演)
仲間由紀恵(俳優/萬田久子や鈴木Q太郎と共に携帯電話のCMで共演)
bird(歌手/妻)
 水野晴郎(映画評論家/監督作品<シベリア超特急>シリーズをみうらが絶賛。後に<ザ・スライドショー>で山下奉文大将の扮装で登場)
 MEGUMI(タレント/深夜番組<シンボルず>(放映終了)で共演)
 山田五郎(評論家/CS番組で共演)
 リリー・フランキー(イラストレーター/<色即ぜねれいしょん>で主人公「純」の父役で出演)
 
 以上、挙げてみてもやっぱり濃厚な味わいがあります。
 みうらは<正論>という対談集を去年(2009年)出しています。上記とダブる人も居ますが、こっちはこっちで西城秀樹や井筒和幸等が登場しており、改めてみうらの懐の広さを実感せずにはいられません。
(若林)



この記事へのトラックバックURL
http://kariyaculturalcenter.blog106.fc2.com/tb.php/20-3402333c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「ウクレレえいじ」さんも愉快な仲間ですよ。
Posted by 2件隣の住人より at 2010.07.20 14:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。